京つう

  日記/くらし/一般  |  日本

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
QRコード
QRCODE

2009年01月21日

「古い世代を壊す権利と義務...」松本大

「古い世代を壊す権利と義務があり、新しい世代に壊される運命を負っていると、私は考えている」と「この国を作り変えよう」の序文で松本氏は言う。

日本では、メディアの同じような報道が多いので、なかなか異なった視点で社会を見る機会があまりない。一般の人々がそのことに気がついていない。

しかし、この書は今までとは異なった問題提起をしていると思う。彼らは以前からこのような考えを持っていたのだろうけど。

松本氏は序文で次のように強調している。
「私が特にいいたいのは、私の世代も、もっと若い世代も、この時代の主役のひとりであるということである。私たちは時代を変えて、より現代に適合した形で次の時代に渡していく責任があると思う。」
もっともなご意見だ。




同じカテゴリー(読書)の記事画像
「自衛隊という密室 - いじめと暴力、腐敗の現場から」 
「離婚の品格」 湯川久子著 
15年前の書から学ぶ
ケータイ小説 「君のせい」 咲良色
「品格ブームの胡散臭さ」冨山和彦
「慢性疲労は首で治せる!」 松井孝嘉 
同じカテゴリー(読書)の記事
 「自衛隊という密室 - いじめと暴力、腐敗の現場から」  (2009-11-05 07:30)
 「離婚の品格」 湯川久子著  (2009-07-12 12:00)
 アメリカから見る政権交代の必要性 霍見芳浩教授 (2009-05-30 14:51)
 『戦争を止めたい― フォトジャーナリストの見る世界 ―』 (2009-04-23 20:49)
 15年前の書から学ぶ (2009-04-04 16:04)
 ケータイ小説 「君のせい」 咲良色 (2009-03-28 14:12)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。