京つう

  日記/くらし/一般  |  日本

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
QRコード
QRCODE

2014年05月19日

ASKA逮捕と...


ASKA逮捕と集団的自衛権


欧米だと田中龍作のような見方はメディアのなかから当然のように出てくる。
日本では、一般の人々よりもメディアがこのような逮捕でサーカス状態に陥る。
「なぜ今逮捕なのか」という疑問を持つことが必要だと思う。

敬称略  


Posted by take at 14:19Comments(0)

2014年05月17日

安倍がもたらす「最大の危機」



逢坂誠二ブログより

1)最大の懸念
政治家として活動を始めて、
今年で20年の節目となる。

今、この時点が、
この政治活動を開始して
最大の懸念、危機となっている。

安倍総理の一方的な思い込みで、
事実上の改憲が、
解釈によって行われようとしている。

一内閣の思い込みで、
憲法の大原則がコロコロと変わるなら、
憲法の意味がなくなってしまう。

憲法を変えられるのは国民だ。

総理といえども憲法を変えることはできない。

それなのに安倍総理は、
改憲手続きも経ず、
解釈による事実上の改憲という愚行を行おうとしている。

戦後日本の最大の危機と言って良い。

====

それは逢坂さん、
大げさだと思う方もいるかもしれない。

いやいや大げさでも何でもない。

総理をはじめとする権力者自身が、
自分の手で勝手に改憲できるとなれば、
法治国家とはいえない。

今、我々は、こんな重要な転換点に立っているのだ。

これを危機と言わず、何というのだ。



今日は正午から仲間の議員の皆さんと、
本町交差点で街宣を行う。

今の危機のことを、しっかりと伝えたい。

今日も、しっかりと前進します。

(以上)  


Posted by take at 11:33Comments(0)

2014年05月14日

NHK 「取材も報道もしない報道機関」

半澤さんのご意見を転載します。
このような「報道機関」があるため、日本の大多数の人々は何が起きているか、まったくわかっていないだろう。
以下、転載

取材も報道もしない報道機関
―ここまできたNHK―


半澤健市 (元金融機関勤務)
http://lib21.blog96.fc2.com/blog-entry-2776.html

 これがNHKである。私はショックを受けた。
一つの雑誌記事を紹介する。雑誌は『月刊マスコミ市民』の2014年5月号。記事タイトルは「事実を報道しなくなったNHKローカル局―籾井新体制の影響か」。筆者は田嶋義介氏(島根県立大学名誉教授)である。

《過去最大の参加者が集まる》
 内容は明快だ。
二つの反原発集会を、NHK地方支局が、報道はおろか取材もしなかったというものだ。

つは、2014年3月8日に行われた「上関原発を建てさせない山口県民大集会」である。県内の50を超える脱原発市民団体が大同団結し山口市の維新記念公園で大会は開かれた。過去最大の約7千人(主催者発表)が集まった。民放各社は夕方からのローカルニュース番組で報道し、翌朝の新聞各紙も紙面を割いた。
「ところが、NHK山口放送局は取材も報道もしなかった」のである。不満をもった実行委は、「報道についての要望と質問」をNHK山口放送局長に提出した。放送法第四条二項の「政治的に公平であること」、四項の「意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること」に反する行為ではないか、というのが質問の主眼である。NHKの回答は、「個別ニュースの編集判断については答えない」とし、「放送法違反ではないか、との指摘には反論せず、取材もしなかった理由も明らかにしていない」という。この対応に反発した「原発いらん!山口ネットワーク」は代表が350人の会員に受信料支払いの一時停止を呼びかけたという。

《他の取材項目等を総合的に判断した結果》
 二つは、3月16日に行われた鹿児島市の九州電力川内(せんだい)原発の再稼働阻止を掲げての「さよなら原発かごしまパレード」である。県内80団体の呼びかけで、鹿児島市中央公園に、過去最高の約6千人(主催者発表)が集ったのち市内の繁華街を練り歩いて再稼働反対を訴えた。民放、新聞各社は報道したが、NHK鹿児島放送局は取材もしなかった。HPを通じての問い合わせに、NHKは「当日の他の取材項目等を総合的に判断した結果、取材しておりません」と返
答した。「今夏にも再稼働かと全国的に注目されている川内原発をめぐる県民6千人の意思表示より優先すべき取材項目があり、取材しなかったというわけだ」と田嶋氏は書いている。

昨13年12月1日には、伊方原発(愛媛県伊方町)の再稼働に反対する「NO NUKES えひめ」集会に、四国の脱原発運動史上最高の約8千人(主催者発表)が松山市の城山公園に詰めかけた。この時にはNHK松山放送局は取材、報道した。
昨年末には報道したのに、今年3月に報道しなくなったのはなぜか。NHK上層部の指示か、現場の自主規制なのかはわからない。この間に起こった変化は今年の1月25日に籾井会長の就任である。田嶋氏はNHKが事実隠しを続ければ、報道機関とはいえなくなるのではないだろうか」と結んでいる。

《「それがどうした」という読者がいても》
 以上は半澤による田嶋記事の要約である。「それがどうした」という読者もいるだろう。
「リベラル21」には一日約1000件のアクセスがある。しかし「ここまできたNHK」を知る読者は1割もいないだろう。そう思って私はこの紹介を書いた。本稿の目的はそれだけである。