京つう

  日記/くらし/一般  |  日本

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
QRコード
QRCODE

2009年03月30日

毎日5000人が訪れる森田実HP

政治評論家の森田実氏に聞いたのだが、平均およそ5000人が森田氏のホームページを毎日訪れるという。政局が緊迫した状況になるとその数が15000にまで伸びるという。

サイト内には英語のコラム(日本語のコラムを英訳したもの)もある。英語の勉強にもなる。

下記は森田氏のホームページに関する興味深いブログ記事。
「森田実氏が入手した『米国国債を売らない約束』」


同じカテゴリー(英語&ジャーナリズム)の記事画像
ジャパナメリカ
コリアタウン (日本語)
コリアタウン
英語力アップのために
オバマ本に疑問!
英国紙から見る日本
同じカテゴリー(英語&ジャーナリズム)の記事
 NHK 「取材も報道もしない報道機関」 (2014-05-14 01:46)
 新聞消費税免除? テレビは大減税? (2012-03-22 00:23)
 TOEIC、1年半で320から745に (2010-03-24 14:00)
 You-can-do-it スピリット (2009-06-23 07:00)
 ネガティブ思考 vs 可能性(2) (2009-06-22 07:00)
 ネガティブ思考 vs 可能性(1) (2009-06-21 15:37)

この記事へのコメント
福沢諭吉の本に「痩我慢の説」があります。明治時代のことです。人間の出処進退のあり方に疑問を呈した本です。福沢諭吉は榎本を嫌い、彼を「無為無策の伴食大臣。二君に仕えるという武士にあるまじき行動をとった典型的なオポチュニスト。挙句は、「かつての敵から爵位を授けられて嬉々としている『痩我慢』を知らぬ男」と罵倒しています。福澤は海軍大輔、海軍卿、枢密顧問官などを務めた伯爵勝海舟も同書で攻撃しており、官職に就いた旧幕臣を批判的視点で見ていた。与謝野氏は、昨日まで、「民主党を激しく非難し」「自民党を代表して、民主党の経済政策は無策だ、平成の脱税王」と鳩山氏をこっぴどく非難した。民主党攻撃の急先鋒だった人が、民主党の経済政策のかじ取りをする。内閣改造のカンバン。目玉だと言われると国民は戸惑うのが自然だ。福沢諭吉が「勝海舟と榎本武揚」とに対して「先の敵国の士人とならび立って得々名利の地位にいる」まことに言語道断だと非難した。今すぐにこれにが、与謝野大臣に当てはまるかどうか知らぬが、国民のすべては釈然としていない。自民党の比例区から当選した与謝野馨氏は、国会において民主党の会派に加わってしまった。形式的に民主党に入党すれば議席を失うため、無所属クラブに身を置いていますが、事実上は民主党議員と考えます。人間出処進退の決断は難しいが、与謝野さんのあり方は、福沢諭吉が批判した以上に信じられない思いがしています。
Posted by 成瀬功 at 2011年01月29日 07:49
都教委の暴挙は信じられない。早稲田法学部、入試で「君が代義務化」批判的に出題にたいして、 都教委が受験者数調査をした。
早稲田大学法学部が15日に実施した入試の問題文で「『 日の丸・君が代』をめぐる教員処分問題」を取り上げた。 都教委は、 一部の都立高校に同学部の受験者数について異常な調査をしていることがわかった。
憲法19条思想・良心の自由は思想・良心を形成する自由や外部に表明する自由も保障している。また、思想及び良心の自由は、民主主義・民主制が機能するための最低限の自由としての側面も有する。こうしたことを権力によって踏みにじる都教委のあり方こそが問題ではないか。都教委は都立学校の教員に、「君が代斉唱時の起立」などを通達で義務づけている。
早稲田大学法学部の問題文は「卒業式や入学式で君が代を斉唱するときに、 教員に対して起立することを命じ、 起立しない教員を処分するという措置の合憲性が争われている」などとし、 思想の自由や学校行事の円滑な遂行など様々な考え方を紹介し 「教育には強制はふさわしくないのではなかろうか」と。  
 東京都教育委員会が都立 高校に同学部の受験者数を調査していることがわかった。都教委は17日に約30の都立の進学校に、同学部の受験者数と 政治・経済の選択者数を回答するよう電話で依頼した。
都教委はおかしな理屈付けをしている。「問題を見た受験生や保護者が都教委の見解を求めてくる可能性があるので、 受験者数を把握した方がいいと判断した」と説明。「問題自体に明らかな誤りが あるわけではないので早大側に問い合わせをするつもりはない」と。
日本も批准している「子どもの権利条約」にも違反する。児童に対し、児童又はその父母若しくは法定保護者の人種、皮膚の色、性、言語、宗教、政治的意見その他の意見、国民的、種族的若しくは社会的出身、財産、心身障害、出生又は他の地位にかかわらず、いかなる差別もなしにこの条約に定める権利を尊重し、及び確保する。
都教委の早大入試問題調査、最近の権力の横暴には非常に危険なものを感じる。
権力を握った者の傲りというか恥知らずというか、それをしかも公然と行っているという無神経さに虫酸が走る。
Posted by ナルセイサオ at 2012年02月22日 10:05
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。