京つう

  日記/くらし/一般  |  日本

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
QRコード
QRCODE

2010年08月28日

「経済報道における偏向は目に余る」


以下のコラムは、政治評論家森田実氏のホームページに掲載されていたもの。とても貴重な意見だと思う。あまりこのような意見を言う人がいないことが残念。同じ会社(しかも、大きなメディア)に勤めている人間は失業の問題や中小企業に関する報道がほとんどできないだろう。実力はなくても会社の名が知られているから、何か自分たちがえらいのではないかと錯覚しているようだ。これも日本社会の悲劇。一般市民も名が知れている会社イコール「信頼できる」あるいは「よい」会社と思いがち。本物を見ることができていないという批判をよく聞くがそうかもしれない。

森田実の言わねばならぬ 744

平和・自立・調和の日本をつくるために 744

《今日の一言》マスコミの経済報道における偏向は目に余る/マスコミが経済分析を証券・金融関係大企業のエコノミストにまかせているのは異常であり、無責任である/マスコミは金融資本の手先になってはならない

「過ぎたるは猶及ばざるが如し」(『論語』)

 

マスコミの経済情報はあまりにも偏っている。

 

第一。マスコミのコメンテーターのほとんどが、金融機関と証券会社に所属している民間企業のエコノミストである。あまりにも偏りすぎている。経済分析を行っている者は、学界にもいる。中立的な研究機関もある。それなのに、マスコミに登場するのは金融・証券会社系エコノミストばかりである。金融・証券会社系のエコノミストは、金融・証券のために働いている。ほとんどが、ミルトン・フリードマンのマネタリズムの影響を受けている分析家である。ほとんどが財務省の財政再建主義に影響されている。マスコミはどうかしている。偏りすぎている。マスコミは自前で独創性ある経済分析家を養成すべきである。

 

第二。財政危機ばかりを取り上げて大騒ぎをしている。キャスターの中にはいまにも日本が破産すると絶叫しつづけている者もいる。マスコミ全体が財務省の手先のような存在になっている。この20年間、財務省は財政再建主義をとってきたが、失敗した。このことを認めない経済分析家はインチキである。

 

マスコミは失業の実態、地方経済、中小・小規模企業の実態についてはほとんど報道しない。偏りすぎている。どうかしているのではないか。

 

マスコミは公平な報道を行うべきである。

(森田氏のコラムはここまで)

 

  
タグ :森田実雇用


2010年08月22日

とても参考になるブログ (1)

とても参考になるブログ (1)

 
オブザーヴィング日本政治 トバイアス・ハリス

 

彼の英語のブログはこちら Observing Japan

 

お金を出して新聞を買っても政府のプロパガンダと企業の広告が多いが、ネット時代はこのような素晴らしいブログを読むことができる。

 

日本をカバーする海外ジャーナリストであれば知らない人はいないだろう。浅尾慶一郎議員の秘書をやっていたこともあり、日本政治に詳しい。「政治」というと「難しい」と思ってしまう人も多いかもしれないが、彼のエッセイは分かりやすく、興味深い。とても参考になる。「閉鎖的日本」から少しでも逃れることができる貴重なブログだ。

  


2010年08月20日

NHKの「国際」放送

下記は8月5日に毎日新聞に掲載されていた東大の伊藤隆敏教授のコラム。

タイには日本人が多いし、メディア関係者もよく行くだろうが、なんか今頃指摘されること自体問題かもしれない。やはり、NHKはこのような基本的なこともできていない。驚くことではない。

 

 

NHKの国際放送=東京大公共政策大学院副院長・伊藤隆敏

 タイ中央銀行の招きで先週1週間、バンコクに滞在した。毎朝8時半にホテルを出発し、金融政策のあり方をめぐって中央銀行の幹部やスタッフと議論し、夕方ホテルに戻るという生活をした。

 朝は朝食をとりながら、日本の新聞や地元紙のバンコク・ポストに目を通した。出発前にはメールチェックも欠かせず、インターネットのニュースも読んだが、テレビのニュースも見たい。ホテルではNHKワールド・プレミアム(国際放送)が視聴できたが、朝は日本の番組をリアルタイムで流していた。

 東京とバンコクの時差は2時間。東京の朝7時のニュースは、バンコクでは朝5時から放映される。バンコクの朝6時からは「ゲゲゲの女房」。朝食を終えて部屋に戻り、出発の準備をする時間は「きょうの料理」だ。

 この時間帯に料理番組はないだろう。メールチェックや着替えをしながらの情報収集は、米CNNか英BBCに頼らざるをえなかった。NHKの事情もあるだろうが、朝の国際放送は東京の都合ではなく、現地の時間に合わせてほしい。

 バブル景気の勢いがあった1990年、CNNに対抗して、NHKがBBCや米ABCと組んで、24時間の世界向けニュース専門局を作るという「GNN構想」を打ち出したことがある。実現にむけて、バイリンガルの新入社員も採用した。だが、いろいろな事情でGNN構想は立ち消えとなり、日本は世界のニュース放送の第三の軸になりそこねた。

 欧米では日本の国際放送が見られるホテルを探すのも難しい。中国やアラブ系の放送局が存在感を増している。せめてアジアへのビジネス出張者のため、NHKは国際放送の朝のニュース放送時間帯を考え直してほしい。

 

(伊藤教授のコラムはここまで)

 

タイには行ったことはないし、韓国やフィリピンで泊まったときは国際放送が見られるようなホテルに泊まらなかったので、伊藤教授が話すような状況はわからなかった。しかし、この「国際」放送の話は日本メディアの「内向き」を象徴しているようだ。

まさか、伊藤教授も「きょうの料理」を見てからでは、中央銀行幹部との会議にはのぞめなかったであろう。

 

よくタイに行くジャーナリストにこの話をすると、この時間のずれには気が付いていた。しかし、最初からNHKには期待していないから、見ようともせず、情報は地元メディアとBBCに頼っていたようだ。

 

NHKはイチローと松井に関する海外からの報道はどのメディアにも負けないのに、なんとも残念なことだ。

 

 

  
タグ :NHK


2010年08月18日

原子力 「何よりも先に廃絶したい核」 小出裕章

9月4日(土)13:00-17:00(開場12:30)

「チェルノブイリの教訓」 集会 

 

ビデオ 「チェルノブイリ原発」 (2010年5月25日ゾーン訪問記録)上映 

 小出裕章氏講演 「何よりも先に廃絶したい核ー原子力

 会場:明治大学リバティタワー15階1153教室 

    JR御茶ノ水駅徒歩6分、地下鉄神保町徒歩8分 

 参加費:1000円 

主催:「終焉に向かう原子力」 実行委員会 現代史研究会 

 問い合わせ先:TEL・FAX 03―3739―1368 

 

 

  


Posted by take at 11:00Comments(0)イベント

2010年08月18日

「マリリン」「モナ」に夢中、パキスタン洪水よりも

モナ、マリリンに夢中、パキスタン洪水より

 

「日米同盟」でふだんは忙しい読売も「マリリン」を写真入りで報道している。テレビでは山本モナばかり。17日の新聞にはパキスタンの洪水に関してはまったく何も報道していなかった。他の新聞も同様(朝日は社説でふれていた)。こんな報道の国が国連常任理事国? このようなメディアのレベルでは政治家も官僚も、もちろん国民も大変だ。

それにしても、新聞には相変わらず広告が多く、テレビのニュースの間もCMがやたら多い。

 

海外ではトップニュースの一つはパキスタンの洪水だ。リンクはアメリカ公共放送PBSのトップニュース。

Flood Victims in Pakistan Protest for Aid

 

  


2010年08月17日

靖国神社 遊就館

靖国神社 遊就館

 

よく取材で訪れる靖国神社だが、年々、海外からの訪問者が増えているようだ。遊就館の若者たちの写真はパワフル。多くの命が失われた。

 

  


Posted by take at 18:06Comments(0)日記&その他

2010年08月16日

サルを追う報道陣

サルを追う報道陣

 
「東京都内駆け回ったサルついに捕獲」
MSN産経ニュース

 

東京都内ではサルが出没したということで、60人ほどの報道陣がサルを追いかけていたようだ。この猛暑のなか、ほんとうにご苦労さまだ。必死になって、サルを追いかけるために、一生懸命勉強して、記者になったわけではないだろうに、。大変だ・・・。屈辱にじっと耐えなくてはいけないなんて。

 

この前までは小沢さんを一生懸命追っていたと思ったら、今度は、サルか・・・。

 

沖縄の米軍普天間基地問題では、メディアが「日米同盟」の「重要性」を繰り返し報道していたが、今度は、各社そろって、サルの追跡と仙台の教師殺害事件を長々と「分析」。

 

同じくらいの時間を雇用問題や年金、医療問題の取材にあてたら、日本の社会もメディアもよくなるだろう。

 

  


2010年08月16日

「エコカー」で環境に「貢献してる」?

「エコカー」で環境に「貢献してる」?

 

燃費がよい車は環境に「優しい」のか?「環境問題」に携わっているはずの人も自信たっぷりに「エコカーは環境に優しい」などと言っているのには驚いた。

燃費がよいと思うから、それだけ車に乗る機会が増える、走行距離も増す。「エコカー」が環境に「優しい」などと思う人が増えるから、「環境のために」と、より多くの人が「エコカー」を利用する。広告だらけの社会に暮らしているから、真実はどうなのか、あまり考えないのかな。でも、結果的に、環境に「優しく」なっているのだろうか? 

 

このような視点はメディアからでてもいいが、それもない。相変わらず、大企業に遠慮した、視野が狭い報道だ。大企業の宣伝にはなっても、社会のためにはならない報道だ。

 

  


Posted by take at 00:01Comments(0)環境

2010年08月15日

「第一言論に巣食う人」 (草の実アカデミーブログから)


草の実アカデミー(第二言論サミット)のブログには引用したい意見が多々あるが、そのなかでも、とくに大事だと思う部分の一カ所を下記に引用させてもらう。

 

以下、 「寺島実郎が有権者の権利剥奪キャンペーン」 (7月18日)から。

 

 

(前略)

 

とにかく、この寺島事郎と言う人は、エスターブリッシュメントの利益しか考えていない。エスターブリッシュエントによる国家運営のことばかりで、私が属するプレカリアート階級や、その他の庶民のことなど歯牙にもかけない。

 

今年5月23日に「第二言論サミット~メディアに政権交代を 世界は周辺から変わる」を開催したのは、こういうテレビコメンテーターのことが頭の隅にあったからである。

 

第一言論(大新聞とテレビ局)という組織と組織内ジャーナリストの問題もさることながら、第一言論に巣食う人(作家・ジャーナリスト・教授・アナリスト・評論家など)もまた問題である。

 

国会では、金持階級を代弁する政党が圧倒的な議席を占め、メディア界においても金持階級(中産階級まで含む)を代弁する人たちが情報や意見を発信する。貧乏人の意見を反映する場所がますますなくなっているのだ。主権者の権利をはく奪する定数削減で、いっそうこの傾向が強まる。

 

これで世の中が変わるわけがない。まずは、国会議員定数削減に反対し、小選挙区制度に反対して自由選挙実現を勝ち取らなければならない。そして、プレカリアートをはじめ、庶民の代弁者を義会に送る必要がある。

(林克明)

(引用ここまで)

 


もっともな意見だ。だから、いつも、極めて狭い視点での議論ばかりとなる。しかし、残念なことに、日本では林氏のような意見を言える人が極めて少ない(ジャーナリストや教授にも)。新聞やテレビを見ていれば、「世間」をわかると大きな勘違いをしている人もかなり多い(自分の周囲にもたくさんいる)。多くの人が「真実」だろうと思っていることが「真実」だと判断しているようだ。

 

「第一言論に巣食う人」のなかには、当然、官僚や政治家も入っているだろう。テレビでの露出や大メディア出身ということが大きく影響して教授になる人間も少なくないようだ。大メディアに出ているから、その意見が「正しい」のだと思ってしまうとっても「素直」な日本の人々がなんと多いことか。これが悲劇だ。

 

自分が世話になっている政治学者はよくこぼす。「『政治学』も『ジャーナリズム』も知らない、海外経験もない、本も出版しない、論文もほとんど書かない。そんな大学の教授さんがほんとうに多いんだ。しかも、給料は1千万以上だ」と。

ちなみにこの方は日本語と英語で数冊出版している。

 

研究に忙しい大学教授や専門家なら、森永卓郎のようにテレビのバラエティ番組に出ている時間などないだろう。日本にはふざけた「専門家」がいるもんだ。森永卓郎はCMにも出ている。

 

授業料を払う側ももっとよく考えるべきではないか。大学を出ても就職できる時代ではないのだから。

 

  


2010年08月13日

上杉隆氏、「大手メディアが報じない官房機密費」

週刊誌などはめったに買わないが、最近は毎週週刊ポストを買っている。首相を何度取り替えてもだめ。大手メディアを取り替えなければ。偏向報道をして、金を得ている人間はやめろ。

 

上杉隆氏、大手メディアが報じない官房機密費

 

  
タグ :官房機密費


2010年08月12日

女性自衛官セクハラで控訴断念


以下、北海道新聞より。この件はほとんど報じられなかった。防衛省の記者クラブの「ジャーナリスト」は何をやっているのか。

女性自衛官セクハラで控訴断念 賠償命じられた国側

 北海道の航空自衛隊基地で、同僚の男性自衛官からわいせつ行為を受け、上司に退職を強要されたとして、元自衛官の女性が国に損害賠償を求めた訴訟で、防衛省は12日、性的暴行や退職強要を認定し、国に580万円の支払いを命じた札幌地裁判決に対し、控訴しない方針を明らかにした。

 防衛省は控訴断念の理由を「女性の心情など諸般の事情を考慮し、司法の判断を受け入れることにした」としている。訴訟では「性的行為は合意に基づく。退職強要もない」と争っていた。

 7月29日の判決は、性的暴行について「自衛隊内の階級的上下関係を利用して行われた」と認定。上官の対応を「被害を訴えた女性を厄介者とし、退職に追い込もうとする露骨で不利益な扱いだった」と非難した。

 

 

  


Posted by take at 21:24Comments(0)日記&その他

2010年08月02日

「さらば日米同盟」 出版記念講演

8月8日(日)午後1時開場

「さらば日米同盟」 の出版記念講演

 

13:35 ― 14:00 天木直人 「出版の意図を語る」

14:05 ― 14:45 森田 実  「特別講演」

15:00 ― 16:00 天木直人・森田 実 対談 (司会天木)

16:00 ― 17:00 聴衆との応答 (司会 天木)

 

参加 無料(予約の必要はありません。直接会場へお越し下さい)。

場所 赤坂区民センター大ホール 港区赤坂4-18-13  

 

  


Posted by take at 00:12Comments(0)日記&その他