京つう

  日記/くらし/一般  |  日本

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
QRコード
QRCODE

2011年03月27日

NHKでは知ることができない原発に関する記事

私がお世話になるフォト・ジャーナリスト豊田直巳さんの記事です。
共同通信から配信されました。

「現地ルポ・振り切れた測定器の針 ジャーナリスト豊田直巳氏」

http://www.kyodonews.jp/feature/news05/2011/03/post-132.html
  


2011年03月05日

フジサンケイ 「世にもまれな御用組合」


 

草の実アカデミーより連絡です。

 

3月19日(土) 第25回講演会
  反リストラ産経労・松沢委員長が語る
 「フジテレビ&産経新聞との17年闘争」

日時 3月19日(土)2時開場、2時30分開演
講師 松沢弘(反リストラ産経労委員長)
場所 渋谷区立穏田区民会館 1階集会室
    渋谷区神宮前6-31-5  電話03-3407-1807
    http://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/kmkaikan/km_onden.html
交通 JR原宿駅 徒歩6分 東京メトロ明治神宮前駅徒歩2分
資料代 500円(会員無料)
主催・問い合わせ先 草の実アカデミー(連絡先末尾)

通常よりも30分遅れの開演です。


世にもまれな御用組合

1994年1月、フジテレビ・産経新聞を軸としたフジサンケイグループに属する日本工業新聞社(現紙名=フジサンケイ・ビジネス・アイ)の松沢弘論説委員は、御用組合の産経労組に見切りをつけ、マスコミ界初の合同労組「反リストラ産経労」(労働組合・反リストラ・マスコミ労働者会議・産経委員会)を結成して委員長に就任した。
 
 対する会社は、27回も団交を拒否し、同年9月に松沢委員長を懲戒解雇した。それから17年。経営側と御用労組のどちらにも属さず、日本で本当の労働組合活動を行うとどうなるのか、松沢氏のケースから日本の労使関係の実態が浮き彫りになる。

 さらに、社員を締め付ける大政翼賛会体制を維持するフジサンケイグルプが、どのような報道をしているかを見極める必要があるだろう。

林克明(草の実アカデミー)

「反リストラ産経労」ホームページ
http://www006.upp.so-net.ne.jp/fujisankei/
参考・松沢弘氏インタビュー記事
http://www.mynewsjapan.com/reports/1380

  
タグ :松沢弘