京つう

  日記/くらし/一般  |  日本

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
QRコード
QRCODE

2011年01月28日

「普天間基地問題から何が見えてきたか」





政治に関する日本の大メディアの「報道」は「運動」、つまり、「政治運動」(ポリティカル・キャンペーン)だと感じることがよくある。上記の書を読み始めたばかりだが、沖縄国際大学の佐藤学教授の章など読むと、日本の大メディアが沖縄や日本の人々を見て報道しているのではなく、主に外務省、防衛省と米国政府の方向を向きながら報道しているのがよくわかる。




同じカテゴリー(沖縄)の記事画像
自公政権下では箱物ラッシュだった沖縄北部
名護市 稲嶺進 「基地はつくらせません」
名護、国際海洋環境情報センター
沖縄、29億8485万719円の「サーバーファーム」
国立沖縄高専 名護市辺野古
名護、4億円の「地区会館」必要? 数久田地区会館
同じカテゴリー(沖縄)の記事
 沖縄に米軍必要なし、米下院歳出委員長 (2010-07-17 01:45)
 メディアの仕事は煽ることか? (2010-05-10 12:24)
 アメリカは「傲慢」、普天間は米国に ジョンソン (2010-05-09 19:10)
 自公政権下では箱物ラッシュだった沖縄北部 (2010-05-06 01:02)
 「『県外』協議 本格化を」米専門家 (琉球新報) (2010-05-05 13:18)
 名護市 稲嶺進 「基地はつくらせません」 (2010-01-25 08:52)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。