京つう

  日記/くらし/一般  |  日本

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
QRコード
QRCODE

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2014年05月17日

安倍がもたらす「最大の危機」



逢坂誠二ブログより

1)最大の懸念
政治家として活動を始めて、
今年で20年の節目となる。

今、この時点が、
この政治活動を開始して
最大の懸念、危機となっている。

安倍総理の一方的な思い込みで、
事実上の改憲が、
解釈によって行われようとしている。

一内閣の思い込みで、
憲法の大原則がコロコロと変わるなら、
憲法の意味がなくなってしまう。

憲法を変えられるのは国民だ。

総理といえども憲法を変えることはできない。

それなのに安倍総理は、
改憲手続きも経ず、
解釈による事実上の改憲という愚行を行おうとしている。

戦後日本の最大の危機と言って良い。

====

それは逢坂さん、
大げさだと思う方もいるかもしれない。

いやいや大げさでも何でもない。

総理をはじめとする権力者自身が、
自分の手で勝手に改憲できるとなれば、
法治国家とはいえない。

今、我々は、こんな重要な転換点に立っているのだ。

これを危機と言わず、何というのだ。



今日は正午から仲間の議員の皆さんと、
本町交差点で街宣を行う。

今の危機のことを、しっかりと伝えたい。

今日も、しっかりと前進します。

(以上)  


Posted by take at 11:33Comments(0)