京つう

  日記/くらし/一般  |  日本

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
QRコード
QRCODE

2009年04月14日

彼の彼との旅行

ワシントンに住む友人クロード・エリオットからメールが来た。彼の彼であるジェームスと一緒にコスタリカに旅行に行ってきたという。この秋は南アフリカにも行くそうだ。この前はニューオーリンズで思いっきり楽しんだと言っていたっけ。来年は二人で日本に来たいと言っている。

昨年、クロードはワシントンに引っ越し、新居を購入、ジェームスとの生活を始めた。今まで1カ月に1度くらいしか会えなかったため、一緒に暮らすことができてとても嬉しそうだ。二人とも60歳を越えている。とても仲が良い。やはり、恋愛関係はうまくいっていることが一番いい、男女であろうと、男男、女女であろうと。

「ミシシッピを知ると...」にも書いたがクロードはぼくの最初のルームメイト。アメリカの大学院には30歳から40歳代が少なくないように、彼も46歳でミシシッピ大学の大学院で美術史を学び始めた。超保守的なミシシッピ州のミシシッピ大学では自分が同性愛者だとほとんど言うことができなかった。30歳を越えて結婚していないと「彼は同性愛者だ」と陰でささやかれる土地だ。

ミシシッピ州のある町の映画館では上映予定だった「ブロークバック・マウンテン」が突如中止になった。この州に住んだ者としては、まったく驚くことではないと思った。クロードや他の友人にこのニュースを知らせたら、「いつまでもミシシッピを気にしているんだな」とあきれていた。

クロードは「こんな所には絶対に戻ってこない」と吐き捨て、ミシシッピ大学の大学院を卒業。ワシントンでのインターンを経て、ミシシッピとは環境がまったく異なる(いろいろな面において)ロードアイランドで働き始めた。

現在はワシントンのStep Afrika のdeputy director (副代表)だ。アフリカの伝統的なステップダンスを披露する団体だという。


同じカテゴリー(異文化)の記事画像
日本での食体験(culinary delights)
同じカテゴリー(異文化)の記事
 ゲイディスコとふんどし (2009-04-06 23:31)
 素っ裸で雪山登山 (2009-03-20 06:27)
 日本での食体験(culinary delights) (2009-01-24 22:35)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。