京つう

  日記/くらし/一般  |  日本

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
QRコード
QRCODE

2009年03月26日

夫の暴力、3割が経験、「命の危険感じた」1割以上

「悪いのはあなたでない」「暴力をふるったほうが悪い」「我慢してはだめ」
これらは取材でよくお世話になる「スペースえんじょ」のミエさんが暴力を受けた女性に最初にかける言葉だ。
「暴力を受ける私も悪い」と考えがちな女性がかなり多いという。「おまえが悪い」と何回も言われると「そうかな、そうだな」と思ってしまうようだ。つまり、相手は洗脳してくるわけだ。DV犠牲者の周囲にもそんなひどい言葉をかける者がいるという。
男性からの凄まじい暴力の話は何度も聞いた。

参考
日本DV防止・情報センター[あなたの今、子どもたちの明日のために]

ウィメンズネット・こうべ

アジア女性センター

「知っていますか?ドメスティック・バイオレンス一問一答」

DV被害 既婚歴女性の33.2%が「受けた」
J-CASTニュース 2009/03/25
内閣府は2009年3月24日、「男女間における暴力に関する調査」を発表した。
内閣府「女性に対する暴力」に関する調査・研究
配偶者から暴力(ドメスティックバイオレンス=DV)を受けたことがあるか聞いたところ、「身体的暴行」「心理的攻撃」「性的強要」について、「何度もあった」「1、2度あった」と回答した既婚歴のある女性は33.2%。男性17.7%だった。女性1358人、男性1077人が対象。
また、配偶者から何らかの被害を受けたことがある人(女性451人、男性191人)を対象に、「命の危険を感じた経験があるか」質問したところ、女性の13.3%、男性の4.7%があったと回答している。
調査は08年10月~11月、全国の20歳以上の男女5000人を対象とした。有効回収数は3129人で内約は女性1675人、男性1454人。

タグ :社会

同じカテゴリー(DV)の記事
 日本副領事ドライバーで妻の手刺す-米 (2012-05-08 17:02)
 日本外交官逮捕 妻に暴力、米当局、 (2012-05-08 13:04)
 デートDVに関して若者のもつ意識調査結果報告 (2009-11-14 05:04)
 「名刺」と会社のロケーション (2009-10-30 10:53)
 夫の暴力から逃れるのに30年 (2009-03-27 18:30)

この記事へのコメント
 初コメントです。ちょうど通勤途中にたまたま手に取った『ドメスティック・バイオレンス~絶望のフチからの出発』(監修:道あゆみ)という本をパラパラと読んでいたところでした。ドメスティックなだけになかなか表には出てこないし出すのもためらわれるはずのDV被害の調査結果は衝撃でした。真偽のほどは分かりませんが、藤原紀香も陣内智則からDV被害があったとかいう報道がなされていましたが、潜在的には3割じゃすまないのかもしれませんね。ちなみに、今回は女性が対象の調査ですが、DV被害は常に女性とは限らないということも見落としてはならないと個人的には思います。
 では、ブログの更新楽しみにしています。
Posted by 山さん at 2009年03月26日 23:03
コメントありがとうございます。おっしゃるとおりだと思います。潜在的には3割ではすまないでしょう。ぼくの知り合いでも彼にひっぱたかれたことを「愛情」などと言っていた人がいました。何を「暴力行為」と見なしているかは人それぞれです。日本では女性は男性に「仕える」ものだというメンタリティーを持った人がいまだに少なくありません。ミエさんは、女性の中には「DVのフルコース」(つまり、肉体的、精神的、経済的)の犠牲者が少なくないと話していました。男性にも調査をしたようですが、17.7%がDVを受けたと回答しているようです。自分の周りにDVの犠牲者(女性)が数人いましたが、一人は元彼にアパートを放火されました。彼女らの受けている暴力は我々の想像を超えていることがしばしばあるということを知りました。今後もDVに関してお話していきたいと思います。
Posted by taketake at 2009年03月27日 08:09
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。