京つう

  日記/くらし/一般  |  日本

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
QRコード
QRCODE

2009年02月01日

「日本のアメリカ中毒を治療する」

政治評論家・森田実氏の英語の著書"Curing Japan's America Addiction" (「日本のアメリカ中毒を治療する」)が、私の友人であるブルース・ラトリッジ氏のChin Music Pressから昨年出版。私もちょっとだけ手伝いました。森田氏の英語のブログサイトも開設されています。
森田氏は海外メディアにとてもよくインタビューされます(当時の小泉首相を批判してから日本の大手メディアは森田氏を避けています、とことん最低なジャーナリズムです)。最近もアメリカのビジネス通信社Bloombergの記事に麻生氏に関するコメントが載っていました。Bloomberg社のニュースはもちろん世界中に配信されています。日本語訳は「国民は誰が首相をやっても麻生氏よりはいい仕事をするだろうと感じています」という感じですね。




同じカテゴリー(読書)の記事画像
「自衛隊という密室 - いじめと暴力、腐敗の現場から」 
「離婚の品格」 湯川久子著 
15年前の書から学ぶ
ケータイ小説 「君のせい」 咲良色
「品格ブームの胡散臭さ」冨山和彦
「慢性疲労は首で治せる!」 松井孝嘉 
同じカテゴリー(読書)の記事
 「自衛隊という密室 - いじめと暴力、腐敗の現場から」  (2009-11-05 07:30)
 「離婚の品格」 湯川久子著  (2009-07-12 12:00)
 アメリカから見る政権交代の必要性 霍見芳浩教授 (2009-05-30 14:51)
 『戦争を止めたい― フォトジャーナリストの見る世界 ―』 (2009-04-23 20:49)
 15年前の書から学ぶ (2009-04-04 16:04)
 ケータイ小説 「君のせい」 咲良色 (2009-03-28 14:12)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。