京つう

  日記/くらし/一般  |  日本

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
QRコード
QRCODE

2009年01月31日

愛情表現?

 29日(木)、日比谷公園にて、本日1月31日の愛妻家の日(1=アイ、31=サイ)を前に「日比谷公園の中心で妻に愛を叫ぶ」というイベントがあった。「愛を叫ぶ」ために参加した方が35人ほどだったが、「出産、育児をいつも笑顔でありがとう」「これからもおいしいご飯お願いします」「いつもおいしいご飯ありがとう」と叫んだ人が少なくなかった。それに対して、妻を「使用人」と考えている、という声もあり。そのような男性ばかりでもないと思うが...。私の知り合いのなかには家事をする人がかなり多い。
昨年、愛妻家協会の記事を書いた時、専門家の大学教授のコメントは、「男女間が経済的平等になることで、男性が女性をより尊重するようになるだろう。愛妻家を育てるより、男女間が経済的平等になることがずっと重要。専業主婦が存在しない社会をつくることがベスト」というものだった。
当日、そのイベントの前に1組の里親夫婦を取材していた。夫の退職後に里親となり、現在3人の里子のめんどうをみているという。夫は自分は「企業戦士」だったので、自分の実の子どもがいつ生まれたのか、どのように育ったのか知らなかったと冗談半分で言っていた。しかし、現在、3人の里子の育児が楽しくてしょうがないそうだ。彼は裁縫と洗濯にも忙しいという。



タグ :愛妻家

同じカテゴリー(逆カルチャーショック)の記事
 「エッチ」とはどこから来たのか (2009-04-21 11:37)
 銀座の画廊は「しっかりした居所」 (2009-04-02 20:54)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。