京つう

  日記/くらし/一般  |  日本

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
QRコード
QRCODE

2013年12月02日

「地震と原発事故情報」 たんぽぽ舎

たんぽぽ舎です。【TMM:No2035】
2013年12月2日(月)地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします
                           転送歓迎
━━━━━━━
★1.クジラ死体漂着→なくなった!(川内・鹿児島県)
   クラゲ被害→激減!(若狭湾・福井県)
   スケトウダラ→漁獲量1.5倍に(泊・北海道)
   原発止めたら「海の環境がもりもり改善!?」リポート
         (「SPA」12月3日号 SPECIAL REPORTより抜粋)
★2.「警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識」その29
   地震計を邪魔する”観測の敵”
   気象庁の地震計は気象庁の中ではなく、なんと皇居の中にあった!
   それでもさまざまな影響を受けるデリケートな地震計
                     島村英紀(地震学者)
★3.新聞より1つ
  ◆琵琶湖20%で基準超え 原発事故汚染 滋賀県が予測
                  (11月18日東京新聞より抜粋)
★4.たんぽぽ舎91番目のパンフレット発行
   藤田祐幸氏講演録「原発的なるもの」からの決別をめざして
   「フクシマ後の時代を生きる」
━━━━━━━
※12/4東電本店合同抗議行動にご参加を!
 汚染水止めろ!柏崎刈羽再稼働するな!東電解体!東電本店合同抗議
 日時:12月4日(水)18:30~20:00
 場所:東電本店前(JR・地下鉄新橋駅徒歩5分)
 主催:経産省前テントひろば・首都圏反原発連合・たんぽぽ舎・
  東電株主代表訴訟
━━━━━━━

┏┓
┗■1.クジラ死体漂着→なくなった!(川内・鹿児島県)
 |  クラゲ被害→激減!(若狭湾・福井県)
 |  スケトウダラ→漁獲量1.5倍に(泊・北海道)
 |  原発止めたら「海の環境がもりもり改善!?」リポート
 └──── (「SPA」12月3日号 SPECIAL REPORTより抜粋)

現在、日本で稼働している原発は1基もない。これまで、原発を冷やすために取り込んだ海水が温められ、海に放出され続けてきた。ところがこの「温排水」が止まったことで、原発周辺の海域の環境が回復してきているという!
原発停止によって(良い意味で)激変した各地の海の状況をリポートする。

○川内原発(鹿児島県)
 クジラ、ウミガメの死体漂着がゼロに! チリメンの漁獲も急増

 「これまで、季節によっては毎日のようにサメやエイ、ダツなどの大型魚類や、クジラやイルカなどの海生哺乳類、ウミガメや海鳥の死体が海岸に漂着していました。原発ができる前は、こんなことは全然ありませんでした。」サメの死体が1日で4体もうち上げられたこともあったそうだ。
 「それが、川内原発が停止した2011年9月以降、これらの死体漂着は一切なくなったのです」
また、この近辺ではウミガメの異常行動がよく確認されていた。「ところが、現在ではウミガメの産卵は順調に行われています」
◇・海の小さな生物が大量に殺されていた

○若狭湾の原発(福井県)
 温排水停止で、減少していた北方系の魚介類が戻ってきた

 京都大学舞鶴水産実験所の益田玲爾所長は、2004年以降、毎年1月下旬から3月上旬に高浜原発の放水口から北東2kmの「音海(オトミ)」という海域に生息する魚介を定点観測してきた。
 「2004年から2011年にかけて、原発から2kmの地点の水温が、湾内外のの他の海域より2℃高くなっていました。(中略)
 原発の温排水で、春や夏に来た南方系の魚介類が冬を越せるようになっていました。本来いるはずのない生物が繁殖することで大きな混乱がおきていました」
 ところが、温排水が止まったことで、元の健全な生態系が音海の海に戻りつつあるという。
◇クラゲ大発生の漁業被害も激減

○泊原発(北海道)
 激減していたスケソウダラの漁獲量が1.5倍に

 (前略)「かつては」150隻の舟がスケソウダラ漁に出ていて、1982年の漁獲量は1万7000トンありました。しかし泊原発稼働後スケソウダラ漁は壊滅状態となり、今は3隻が細々と漁を続けている状況。町の人口も半分に減ってしまいました」 (中略)
 興味深いのは、2012年5月に泊原発が停止した後のスケソウダラの漁獲量の変化だ。
「2012年11月から2013年2月の漁獲量は、2011年11月から2012年2月に比べ約1.5倍に増加しました。これを『温排水停止に影響』とするのは気が早いでしょうが、今後も漁獲量が増えていくならば、温排水の停止が好影響を与えているといっていいのではないかと思います」


┏┓
┗■2.「警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識」その29
 |  地震計を邪魔する”観測の敵”
 |  気象庁の地震計は気象庁の中ではなく、なんと皇居の中にあった!
 |  それでもさまざまな影響を受けるデリケートな地震計
 └──── 島村英紀(地震学者)

○地震計というものを見たことも触ったこともない読者がほとんどだろう。
 それは現代の高感度の地震計は、人が100メートル先を歩いていても感じるほどの感度だからだ。鉄道や高速道路では10キロ離れていても雑音として感じてしまう。
 前に書いたように南極の昭和基地にある地震計は16000キロ以上も離れた核実験もちゃんと記録した。
 気象庁は千代田区大手町のビル街にあるが、地震計はそこにはない。あるのは人が通らない皇居の中だ。だがここでも雑音が多くて、他の地震計のようには小さな振動は記録できない。
 このため、地震計は世界のどこでも、人里離れたところや、地下深くにひっそりと設置されているのが普通なのだ。
○私が海底地震計を作りはじめたのは、プレートが誕生するところも衝突するところも海底だったからだ。
 だがそのほかにも、感度の高い地震計で観測するには陸上ではどこでも雑音が高すぎたこともあった。
 実際、海底は、陸上のどこよりも静かだった。高感度地震計の本領が発揮できたのだ。
 しかし、海底地震計にはそれなりの悩みがあった。6000メートルの海底に置いてあっても、はるか水平線の先を通る船のスクリュー音を感じてしまうのだ。
 そのほかクジラやイルカが鳴く音はもちろん、ある種の魚は鳴くらしく、海の中も、結構な音に満ちていることがわかった。
 それだけではない。海中や海底にいる生物は好奇心も強くて海底地震計のような異物があると寄ってくる。
 なにせ高感度の振動測定器なので、小さな昆虫くらいの底生生物でも、海底地震計の上に這い登られたら、観測には大いに迷惑なのである。
 ノルウェー沖のバレンツ海での観測では、海が静かだったから、深海測深儀という海の深さを超音波を使って測る機械で、海底にある数メートルのものまで見えた。
そこでは私たちの海底地震計の上に、高さ20-30メートルの丘が写っていた。
 これは海底地震計の上に群れ集まったタラの大群なのだった。ここはタラの好漁場で、多くの国から漁船が集まってくるところだ。
 魚は全く平らな海底は好まない。魚礁は海底の凸凹の岩であることが多いし、人工漁礁も、平らな海底に魚が安心して群れ集まれる凸凹を作るものだ。
 タラたちは、いままで見たこともない海底地震計でも、とりあえずの「拠り所」としては十分であったのだろう。
 何百匹という群が円錐型に集まって、ひとつの海底地震計にかぶさることになった。魚が作る円錐の底辺は50-60メートルもあった。
 この辺のタラは大きい。1メートル半のものも珍しくはない。タラがじっとしてくれていればいいのだが、動いたり、海底地震計を突っついたりすると、私たちの海底地震観測の邪魔になってしまう。私たちにとっては思わざる「観測の敵」なのである。 (11月29日『夕刊フジ』より)


┏┓
┗■3.新聞より1つ
 └────

 ◆琵琶湖20%で基準超え 原発事故汚染 滋賀県が予測

 滋賀県は18日、隣接する福井県の関西電力大飯原発や美浜原発で、東京電力福島第一原発並みの事故が発生した場合の琵琶湖の汚染予測値を公表した。琵琶湖は京都や大阪の飲料水源だが、場所によっては半月ほど飲料基準を上回る放射性物質が検出され、取水制限につながる可能性がある。同日午後、原発防災対策を協議する有識者会議で報告する。
 取水源となっている水深5メートルまでで予測したところ、事故の発生直後は最大で約20%の範囲で、1リットル当たり200ベクレル以上の放射性セシウムや同300ベクレル以上のヨウ素が検出されると試算。原子力災害時の緊急措置として国が設けている基準値を上回る結果となった。同様の状態が10~15日間、続く場所もある。(後略) (11月18日東京新聞より抜粋)


┏┓
┗■4.たんぽぽ舎91番目のパンフレット発行
 |  藤田祐幸氏講演録「原発的なるもの」からの決別をめざして
 |  「フクシマ後の時代を生きる」
 └────

 校正と資料追加に手間取り、やっとできました。
 オススメの内容です。
 目次の一部紹介
   第1章 修羅から地人へ-雪浦の地に移り住んで
   第2章 福島第一原発事故の発生
   第3章 ヒロシマ、ナガサキの歴史を取り戻すために
   第4章 生態系に取り込まれる放射能
       -チェルノブイリからフクシマをみる
   第5章 国土に広がる放射能汚染
   第6章 被ばくについての考え方と被曝限度数値の変遷
   第7章 管理できない放射能と許されない子どもたちへの被ばく
   第8章 私たちの目指すもの
       そしてそれはどこから作り上げるのか

 B5判36頁、頒価400円
 ご希望の方は、下記まで郵便振込で先にお振り込みをお願い致します。
 送料は、1冊から4冊まで100円、5冊から8冊まで200円です。
 9冊以上の場合は、お問い合わせ下さい。
 振込用紙に「No91パンフ希望」必要部数と住所、氏名、電話番号を明記下さい。
 必要部数の代金と送料をお振り込み下さい。
 お振り込み後、たんぽぽ舎あてにお振り込みの内容(振込日、部数と代金、送料、住所、氏名、電話番号)を電話かメールでお知らせ下さい。
 (郵便局からの振込通知がたんぽぽ舎に届くのは4日から5日ほどかかるため)
 上記内容の電話かメールのお知らせをいただければ、振込通知を待つことなく
 発送作業にはいることができます。よろしくお願い致します。
 『郵便振り込み先 00180-1-403856 加入者名 たんぽぽ舎』
 連絡先:たんぽぽ舎 〒101-0061
           東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5F
           TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797
           Eメール nonukes@tanpoposya.net

──────────
☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震と原発事故情報」
 へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致します。
   郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

【編集部より】
 メルマガ読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他投稿歓迎。
 「集会・デモ・講演会のお知らせ」に関しては、平等に掲載するため
 日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先などを400文字
 以内で、またその他投稿に関しては600文字以内でタイトル及び内容を
 お送り下さい。件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。
 送付先:「 nonukes@tanpoposya.net 」
 なお、お送り頂いた投稿は集会・デモ・講演会のお知らせを含めて紙面の
 都合上すべてを掲載できない場合があります。
 たんぽぽ舎の会員からの掲載希望を優先させていただく場合もあります。
 予めご了承ください。
──────────
 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページをご参照下さい。
 ◆メールマガジンを送ります
  たんぽぽ舎では、「地震と原発事故情報」(メールマガジン)を
  発信しています。
   ご希望の方は、件名を「メルマガ希望」としてご自身のEメールアド
  レスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを送ってください。
  違うアドレスから「このアドレスに送って」ということは間違いの元と
  なりますのでやめて下さい。登録できしだい発信致します。
  たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net
 ◆携帯への送信は、1回の容量が多いためか全文配信されない例があります。
──────────
たんぽぽ舎は、月曜~土曜13:00~20:00オープン、日曜・休日はお休みです。
〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5F
TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797
HP http://www.tanpoposya.net/  Eメール nonukes@tanpoposya.net


※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。