京つう

  日記/くらし/一般  |  日本

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
QRコード
QRCODE

2012年12月15日

消費税増税賛成の自公民に投票はあり得ない


野田首相自ら「シロアリ」に 水島朝穂

いつも取材でお世話になっている早稲田大学・水島朝穂教授の興味深い「直言」です。

「シロアリ取りがシロアリに――復興予算」 (左のタイトルをクリックしてください)

以下、抜粋

岐阜県在住の60代の読者の方から、10月中旬、「ご参考までに」という件名のメールが届いた。冒頭の写真が添付されていた。10月1日夜、山手線の車内で、出入口の扉のガラスに貼ってある広告の上に、野田首相の演説が重ねて貼ってあるのを見つけたそうだ。「多分誰かがゲリラ的に貼ったのでしょう。思わずデジカメを取り出して撮影しました」。

「マニフェスト、イギリスで始まりました。ルールがあるんです。書いてあることは命懸けで実行する。書いてないことはやらないんです。それがルールです」。野田佳彦首相が民主党幹事長代理の時に行った、大阪での街頭演説の下りである。

「消費税5%分のみなさんの税金に、天下り法人がぶら下がっているんです。シロアリがたかっているんです。それなのに、シロアリ退治をしないで、今度は消費税を引き上げるんですか?」。こう熱く語っていた人物が、消費税10%の増税法案成立に「命がけで」邁進した。そしていま、復興予算が「シロアリ」に侵食されている現実を生み出した。


(抜粋以上)

これでも、千葉の有権者は野田を再選させるのだろうか? 大手メディアがこのような矛盾を報道しないことも深刻な問題だ。

(以上)

同じカテゴリー(日記&その他)の記事画像
福島県双葉郡浪江町へ
「野田はNOだ!」「さようなら原発集会」に17万人
フロリダから
アメリカ テネシー州 メンフィス到着
「苦役列車」 
韓流ファンであふれ返る新大久保
同じカテゴリー(日記&その他)の記事
 戦争法案の「嘘・矛盾・ごまかしの数々!」 (2015-06-03 08:51)
 報道界よ「いい加減にしろ!恥を知れ!」 (2014-06-21 23:41)
 「『絶望の裁判所』 元判事が司法の腐敗を告発する」 (2014-03-03 12:59)
 福島県双葉郡浪江町へ (2014-03-02 23:41)
 愛媛県松山市で (2014-03-01 23:54)
 「自民党に入れた票は赤紙となって返ってきます」山本 (2013-07-21 12:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。