京つう

  日記/くらし/一般  |  日本

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
QRコード
QRCODE

2009年11月15日

日本の新聞は「フランス革命前」


同志社大学・浅野健一教授による批判は参考になると思います。以下の部分はとくにわかりやすいです。私が取材でお世話になる浅野先生は日本では数少ない国際レベルの研究者だと思います。この意見だと前後関係がわからないと思う方は浅野健一ゼミの全文を読んだ方がいいと思います。

 

 

浅野:私は、日本のジャーナリズムは、新聞・テレビ・雑誌のレベルとしては世界最低の国の一つであると感じます。本当にレベルが低いです。映像の質とか新聞の印刷は世界一です。問題は中身です。特に新聞記者が書くところです。朝日新聞は、新聞記者が書いているところ以外は面白いです。「声」欄とか、先日、辺見庸さんの記事が載っていましたが素晴らしいです。それは、朝日新聞の記者が書いたものではないからです。NHKもNHKの記者以外が出ているところは素晴らしい。

 要するに、日本はフランス革命前の新聞です。市民社会が、まだ日本に成立してなくて、つまり日本は「臣民」社会なのです。「臣民」社会から市民社会に、ヨーロッパでは1789年に変わっていた。これによって、被害者や被害者遺族の代わりに国家が復讐する、仇討するという考え方ではなくて、ルソーなどの社会思想が出てきて、個人の人権を大切にして罪を憎んで人を憎まずなどの思想が今の近代市民社会ができているのです。

 ところが日本では、法務省も警察庁も1945年8月15日の前も後ろも変わってないのです。刑事手続に関わる人たちもそうです。だから広島少年院のような職員による暴力事件が起きるのです。何のために矯正をしているのか、ジャーナリズムは何のために報道しているのか分かっていないのです。だから、光市事件でいえば、「何の罪もない被害者を殺した」という言説は通用しないのです。この人たちがすべてテレビ・新聞を占拠する。そして報道している人たちも、「被害者の悔しい思いにこたえていく」と言い、それがメディアの仕事だと勘違いしている。これは、勘違いです。
 日本以外の先進国では、ジャーナリズムがそういう仕事をするのは間違いなのです。裁判でも「被害者の悔しい思いにこたえるのが裁判員」と思うのは全くの見当違いです。日本国憲法では、「すべて裁判官は、その良心に従ひ独立してその職権を行ひ、この憲法及び法律にのみ拘束される」(第76条第3項)と書いています。良心を持って裁判を行う。独立して裁判を行う。裁判員法にはそれがないです。
 良心に基づくという同志社の建学の精神である良心が裁判員制度の法律にはないのです。そこがすごく重要だと思います。だから、単純な善と悪を対峙する。国際政治でいえば、北朝鮮が悪で日米が善。善と悪に全部区分けして対立構造をつくって、それが非常にわかりやすいです。だから、視聴率も上がるかもしれない。それに異を唱える人はいない。しかし、本当のジャーナリズムとはそうではなくて、先ほど風間さんが言っていたように、「どうしてこんなむごいことが人間にできるのか」と哲学的に問うことです
 多くの加害者の人が幼児期に虐待を受けていたということは実際に多いです。幸せな天皇家に生まれた人が犯罪を犯すことは聞いたことがないです。世田谷の麻生さんの近所の人が犯罪を犯すことはあまりないです。社会的な要因がすべてであるとは言いませんが、多くの要因の中にその人の社会環境、経済環境、生い立ちが関わっていることを明らかにすることが、記者の仕事であるはずです。それにもかかわらず、勧善懲悪型、絶対的な善と絶対的な悪ということに生きがいを感じています。これは日本のジャーナリズムが抱える病気です。それをどうやって一人一人が直せるかにかかっている。
(以上)

 

 

 



タグ :浅野健一

同じカテゴリー(メディア・サーカス)の記事画像
「女神」が大好き?
「新聞・テレビはなぜ平気で『ウソ』をつくのか」
「新聞やめよう」 渋谷デモより
新聞1面に広告なし アメリカ
「国家の恥・一億総洗脳化の真実」上杉隆 
「マスゴミ崩壊」三橋貴明
同じカテゴリー(メディア・サーカス)の記事
 スキャンダラス安倍政権をアシストするメディア (2017-10-16 15:56)
 安倍さんとディナーを楽しむジャーナリスト、メディア幹部 2017年 (2017-10-01 00:06)
 安倍さんとディナーを楽しむジャーナリスト、メディア幹部 2016年 (2017-10-01 00:00)
 安倍さんとディナーを楽しむジャーナリスト、メディア関係者 2015年 (2017-09-30 22:49)
 安倍晋三首相とディナーを楽しむジャーナリスト、メディア関係者 2013年 (2017-08-23 23:55)
 安倍首相は説明責任を「放棄」 (2015-03-05 08:20)

この記事へのコメント
”先生のお気に入り”というドリス・デイとクラーク・ゲーブル共演の都会派コメディ映画をご覧になられたこと、おありですか?

芸達者なスターさん達の競演で、とても面白い”恋のさや当て”がなかなか楽しい映画なのですが、実はこの映画のバックボーンは”新聞人のあり方”なのです。

ただ事件をスマートに伝えるだけではなく、事件の裏側や背景をしっかり取材して読者に考える材料を提供する、という報道の根本を、クラーク・ゲーブル扮する夕刊紙の編集キャップが気づかされるというお話です。

1958年の製作なのです。
フランス革命以前とまでは知らなかったのですが、今の日本の報道が、少なくとも50年前のアメリカ以前であることは、この映画を見るとよく分かります。

八ッ場ダムの報道にしても、住民が翻弄されて気の毒だ!と、まず言わなければ常識人ではないかのごとく、テレビのコメンテーターは口癖のように一時期、一方的に中止に反対している方が多かったように記憶しております。

言ったら言いっぱなし。そのあと”思慮に欠けていました”という反省は聞きません。

そのような報道を、テレビを見ていたり新聞を定期購読していたりする私達の側も考えなければならないのではないかなとも思いました。
Posted by イプシロン at 2009年11月15日 20:57
イプシロン様
ご意見ありがとうございます。
返信遅くなり申し訳ありません。
八ツ場ダムの報道、思い当たるものがいくつもありますね。まったく報道しなかった自分たちに問題があるのに、すごいです。
映画みたいと思います。
Posted by taketake at 2009年12月04日 19:58
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。