京つう

  日記/くらし/一般  |  日本

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
QRコード
QRCODE

2009年08月09日

鳩山氏を「舌先三寸の男」と呼ぶMSN産経の石橋氏

政治部デスクの斜め書き 呆れた鳩山氏のブレブレ発言 というMSN産経のニュースで民主党の鳩山由紀夫代表を「舌先三寸の男」と石橋文登氏は呼んでいる。

 

選挙の規模が異なるとはいえ、昨年のアメリカ大統領選挙の報道(テレビ、雑誌、新聞、ブログ)をインターネット上でずっと追っていた自分としては、MSN産経ニュースの報道の役割に関して疑問を持たざるを得ない。

アメリカのメディアではもっと一般市民の声が反映されている。社会が直面している問題が多く取り上げられている。長年ホームレスの人々の声も、金融危機で仕事を失った人々の声も、人種差別された人々の声も、長年病と闘っているが高い医療費が払えない人々の声も、子どもの将来を心配する若い親たちの声も、就職できない若者の声も、取り上げられている。

 

MSN産経ニュースは社会の人々の声をどれだけ反映させているのだろうか。社会が直面している問題をどれだけ詳しく調べているのだろうか。ウェブを見ても民主党の批判ばかり。一見、何か「政治団体」のサイトのようだが、同時に、同じサイトで、「ミスもみもみ」に関する記事もある。水着のおねえさんたちの情報は満載。いったい、MSN産経ニュースの社会における役割とは何なのか。産経新聞社は、マイクロソフト社はどのように考えているのだろうか。

 

中学生のとき、「他人を批判するのなら、まず、自分に批判的になるべきだ」と先生に教えられた。まったく同じような言葉をアメリカでも言われた。批判的な見方がとくに必要なジャーナリズムの仕事ではとても大切なことだ。

 

今の日本のメディアは自分たちが煽った「郵政民営化」「小泉改革」報道の反省もまったくない。記者クラブ問題はまったく議論しない。「押し紙問題」はまったく無視だ。そのメディアが、社会の人々の声を十分に聞くことなく、鳩山氏を「舌先三寸の男」などと呼べるのだろうか?

 

最近、私がお世話になっている評論家はこう話してくれた。

「小泉氏が首相に就任する時点で、自民党はもうほとんど崩壊状態に近かった。しかし、自民党がここまでこられたのは、創価学会の票を頼りにすることできたこと、そのほか、偏向したメディアと未熟な民意によるところが大きい。その未熟な民意が爆発したのが、4年前の選挙だった」と。




同じカテゴリー(メディア・サーカス)の記事画像
「女神」が大好き?
「新聞・テレビはなぜ平気で『ウソ』をつくのか」
「新聞やめよう」 渋谷デモより
新聞1面に広告なし アメリカ
「国家の恥・一億総洗脳化の真実」上杉隆 
「マスゴミ崩壊」三橋貴明
同じカテゴリー(メディア・サーカス)の記事
 スキャンダラス安倍政権をアシストするメディア (2017-10-16 15:56)
 安倍さんとディナーを楽しむジャーナリスト、メディア幹部 2017年 (2017-10-01 00:06)
 安倍さんとディナーを楽しむジャーナリスト、メディア幹部 2016年 (2017-10-01 00:00)
 安倍さんとディナーを楽しむジャーナリスト、メディア関係者 2015年 (2017-09-30 22:49)
 安倍晋三首相とディナーを楽しむジャーナリスト、メディア関係者 2013年 (2017-08-23 23:55)
 安倍首相は説明責任を「放棄」 (2015-03-05 08:20)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。