京つう

  日記/くらし/一般  |  日本

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
QRコード
QRCODE

2009年07月30日

上杉隆:「記者クラブ問題が存在しない理由」

興味深い記事がありましたので、掲載します(抜粋)。全文はタイトルをクリックしてください。大メディアに都合の悪いことを言う人間は「消していく」ということでしょう。やはり、自分たちの利益を最優先しているのがよく分かります。



上杉隆「記者クラブ問題が存在しない理由」



ジャーナリスト・上杉隆氏と正体を明かさない社会派ブロガー・ちきりんさんの対談4回目。これまで書籍やテレビ番組などを通じて、上杉氏は日本の記者クラブ制度について批判してきた。しかしこの問題を取り上げることによって、番組を降板されるなど、さまざまな圧力を受けてきたという。



 今回はメディア業界のタブーとも言える「記者クラブ」問題を中心に、2人に語ってもらった。



「記者クラブ問題が存在しない理由」



ちきりん: アンチといえば……“アンチ上杉さんという人も多いのでは? 1年ほど前に『ジャーナリズム崩壊』という本を出されて、その中で痛烈に日本の記者クラブについて批判されていますよね。



上杉: これまで記者クラブ批判をした人はたくさんいますが、多くの人は失敗してきました。あるジャーナリストは「記者クラブなんて批判しても何も変わらない。時間のムダだから止めたほうがいい」と話されていました。また『新聞が面白くない理由』を書かれた岩瀬達哉さんも「もう記者クラブを批判するのは止める」と言っていました。そこで僕は「分かりました。それでは僕が引き継ぎます」といって、記者クラブ批判の本を書いたのです(笑)。



 フリーのジャーナリストで記者クラブを批判している人は多いのですが、声を大にして批判する人は少ない。その理由は、取材がしにくくなるから。例えば僕が記者会見の席で質問しても、テレビや新聞で掲載されることは一度もない。よく新聞で、大物政治家の記者会見の様子が全文掲載されていますが、僕が質問したところは記者クラブの意向でカットされてしまう。



ちきりん: それはヒドイですね。ただ民主党が政権を取れば、記者クラブがなくなるかもしれませんよね?



上杉: そのことを記者会見で質問したことがあります。すると鳩山由紀夫さんは「どうぞ記者会見にお入りください」と話されていたが、その部分は削除されていた。



 つまりこの国では、記者クラブ問題は「存在しない」ということになっています。実は記者クラブを批判するということは、ジャーナリストとして消されてしまう危険性があります。そこで僕は『小泉の勝利 メディアの敗北』という本の中で、自身の記事を掲載し、ミスを自己検証し批判を加えた。いわば自爆本ですね。これだと誰も文句は言わないだろうと思い、とにかく自分のことを批判していった(笑)。



 また『ジャーナリズム崩壊』が出る前に、僕はテレビに出演し、露出を高めていったのです。もちろんテレビ局は記者クラブに加盟していますが、本が出版されたからといって、テレビ局は僕を降板させることができないだろうと思ったわけですね。もし僕が雑誌やスポーツ新聞だけで書いていたら、黙殺されて終わりだったでしょう。記者クラブ問題は取り上げられなかったら、何もなかったことと同じですから。昔、立花隆さんも記者クラブのことを批判していましたが、やや突っ込みが足りなかった。なぜなら立花さんは文藝春秋のOBで雑誌側の人間だから。



ちきりん: 本を出版されたとき「仕事がなくなるのではないか」といった不安はありませんでしたか?



上杉: 本が出る前に、僕は幻冬舎の編集担当者にこう言いました。「たぶんテレビや雑誌などのレギュラーを降ろされるでしょう」と。しかし降ろされたのは、2本だけ。というのも視聴者から「上杉は変わっていて面白い」という声がきていて、テレビ局としても降ろしにくくなったという要素もあるようですね。僕がブラウン管に映っているときに、視聴率が上がったこともあったようですから。



 また関西で放送されていた『ムーブ!』という番組の最終回では、15分間にわたって記者クラブ批判をしました。最後に「地上波のテレビ番組で記者クラブ問題を取り上げることができたのは、なぜなら『ムーブ!』が最終回だからです」と言った。そのとき、ディレクターは「あ~これでクビだあ~」と言っていましたが(笑)。



 ただ後日談があって、実は次の番組でレギュラー出演が決まっていたようなのです。ですが、記者クラブ批判のほとぼりが冷めてからということで、ひとまず「お断り」になったみたいですね。



ちきりん: そんな仕打ちをするんですか……



上杉: 『ムーブ!』で記者クラブを批判したため、他局でも「上杉を出すな」といった声があったようです。こうした情報はすべて記者やテレビ局の人間から教えてもらうのですが、それで「もう政治関係のジャーナリストとしてメシを食っていけないなぁ」と思い、ゴルフ雑誌の連載を始めたんです(笑)。



 ところが不思議なことに捨てる神あれば拾う神ありで、かえってレギュラーの仕事が増えてきたんです。




同じカテゴリー(メディア・サーカス)の記事画像
「女神」が大好き?
「新聞・テレビはなぜ平気で『ウソ』をつくのか」
「新聞やめよう」 渋谷デモより
新聞1面に広告なし アメリカ
「国家の恥・一億総洗脳化の真実」上杉隆 
「マスゴミ崩壊」三橋貴明
同じカテゴリー(メディア・サーカス)の記事
 スキャンダラス安倍政権をアシストするメディア (2017-10-16 15:56)
 安倍さんとディナーを楽しむジャーナリスト、メディア幹部 2017年 (2017-10-01 00:06)
 安倍さんとディナーを楽しむジャーナリスト、メディア幹部 2016年 (2017-10-01 00:00)
 安倍さんとディナーを楽しむジャーナリスト、メディア関係者 2015年 (2017-09-30 22:49)
 安倍晋三首相とディナーを楽しむジャーナリスト、メディア関係者 2013年 (2017-08-23 23:55)
 安倍首相は説明責任を「放棄」 (2015-03-05 08:20)

この記事へのコメント
このブログを読んで、改めて記者クラブについて調べてみたのですが、問題が大きい組織であることがわかりました。
民主党に勝ってもらっては困る理由がここにあったわけですね。

こちらのブログの存在を知ってから、今までなんとなく、おかしい、胡散臭い、と感じていたことの事情がはっきりとわかってきました。
今後も読み続けていきたいと思います。
Posted by calen at 2009年07月30日 23:03
calen様
ご意見をいただきありがとうございます。
記者クラブの説明が足りずに申し訳ありませんでした。大手メディアはたいてい記者クラブで情報やプロパガンダを得て、それを「ニュース」として国民に送られるわけです。とっても楽な仕事です。一方的な視点だけで、そこには国民が不在です。昔の記者クラブ関係の記事を今日掲載しようと思っています。
Posted by taketake at 2009年08月01日 15:03
『ムーブ』の最後の放送の週の上杉さんが、「ここまで話していいんですか?」とおっしゃりながら記者クラブの問題に熱弁をふるってらしたのを印象的に覚えています。

ニュースの深層でもシリーズで取り上げていらっしゃるのもチェックしています。

今は、外務省以外に開放された記者会見はあるのでしょうか?

もっともっと時間がかかるのでしょうね。

改革は、牛歩の歩みなのでしょうか?

大メディアの幹部の人達の硬い頭が柔らかくなり。ジャーナリズムのありかたに真摯に向き合うことが出来るようになれば、民主主義改革がスルスルと滑らかに進みだすのではないかと私は考えてしまいます。
Posted by イプシロン at 2009年10月20日 22:39
イプシロン様
ご意見ありがとうございます。
記者クラブに関してもう少し書きたいのですが、ちょっと時間があまりなく書けない状態です。もう少しお待ちください。
やはり、「開放」ではなく「全廃」を望んでいます。記者クラブは日本社会の諸悪の根源です。
Posted by taketake at 2009年10月23日 21:09
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。