京つう

  日記/くらし/一般  |  日本

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
QRコード
QRCODE

2009年07月01日

沖縄で日本の新聞社の人と

沖縄には取材で何度か行っているが、初めて行ったのはアメリカで学んでからのこと。ジャーナリスト志望でアメリカの大学院で学び始めたが、それまで、沖縄も長崎も広島も訪れたことがなかった。まったく恥ずかしいことだった。これらの土地の名前はアメリカでもっともよく聞いた(東京と京都とともに)。
もう数年前になるが、沖縄である大手新聞社の記者と会うことになっていた。沖縄を取材できるなんて、素晴らしいことだと思った。いったいどんな記者が沖縄から記事を書いているのだろう、沖縄で生活し、取材し、全国の読者に記事を届けるその意義とは、などと好奇心を抱いていた。

実際にあって驚いた。この記者の私に対する最初の質問は、「どこのホテルに泊まっていますか」
ぼくがホテル名を言うと、「えっ、あそこ、汚いでしょー」との返答。
あ然として、次の言葉が出なかった。このような最高に貧しい価値観の子どもが大手新聞で記事を書いていて、その記事を国内の多くの人が読んでいるとは。その後、アメリカにいる日本の新聞の記者がワシントンから西海岸に取材に行くのに、ファーストクラスに乗って行ったという話も聞いた。かわいそうな人間ばかりだ。何が優先順位、プライオリティか分かっていない。しかも、それを一番考えなくてはいけないはずの職業の人間たちが、だ。これじゃ、社会がよくなるはずがない。



それよりも驚いたことは、アメリカの新聞社の東京支社に長年勤めるアメリカ人記者にこの話をしたときの彼の返答だ。「おまえ、あったりまえだ。そんなの気がついていなかったのか」というようなトーンで次のように言った。
「日本の新聞は、彼(ぼくが沖縄で会った人)のような人間ばかりだ。彼らはジャーナリストではないんだぞ。彼らはサラリーマンだ。彼らはジャーナリズムを実践していないんだ。だから、日本にはジャーナリズムなんて存在しない」




同じカテゴリー(メディア格差)の記事
 性的暴行に抵抗し、役人殺害の女性釈放 中国 (2009-06-20 14:49)
 メディアギャップ(2) (2009-06-04 05:06)
 メディアギャップ(1) (2009-06-03 07:00)

この記事へのコメント
こんにちは

私は長崎出身ですが、沖縄にもかれこれ20年近く行っています。
常宿は下町(那覇辻)の安いホテルです。
そこのおばぁやおねぇとは、もう家族ぐるみの付き合いをしています。そして近くには行き付けのおばぁの店があります。

やはり、地元の方々とのふれ合いが一番大事ですよね。
那覇にも沢山東京資本のビジネスホテルがありますが、そんな処に泊っても味気ないですもの。
Posted by はる at 2009年07月01日 14:55
はる様
ご意見ありがとうございます。おっしゃる通りです。
お話した記者の話はまだ他にもありますが、時間があまりないので少ししか書きませんでした。たしかに、地元の方々と知り合い、お話を聞くことが大切なことだと思います。彼らのお話からたいへん多くのことを学びました。そして、アメリカの新聞にも記事を書きました。日本では、掲載してくれるメディアがないので、どこにも書いていませんが、とても残念です。
どこのホテルがきれいなの、どうなの、なんて優先順位に入ること自体が話しになりません。
Posted by taketake at 2009年07月01日 21:30
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。