京つう

  日記/くらし/一般  |  日本

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
QRコード
QRCODE

2017年10月27日

前原は辞任

前原辞任。当然だろう。国会議員もやめてもらいたい。
前原は何がしたいのか。何のために国会議員になったのだろう。選挙直前に最大野党をぶちこわすため?
なぜ、前原に投票する人が多いのだろう。
こんなこと、よく許されるな。


以下、時事通信の記事

前原氏、特別国会前に辞任=民進存続、新代表選出へ

民進党は27日、両院議員総会を党本部で開いた。希望の党に合流する当初の方針を撤回し、民進党を存続させることを正式に決定する見通し。前原誠司代表は11月1日の特別国会召集前に辞任する考えを表明、新たな執行部で再スタートを切るよう呼び掛けた。これを受け、同党は後任の代表選びに入った。
 前原氏は、民進党分裂について「おわびを申し上げたい。結果が全てであり、責任を痛切に感じている」と陳謝。「特別国会を前に一定の方向性を決めた上で辞任したい」と述べた。2019年の統一地方選や参院選に向けた態勢立て直しも訴えた。
 両院総会には、参院議員と、党籍を残したまま衆院選で無所属で当選した議員が出席した。前原氏の後継として、無所属組の岡田克也元代表が有力視されている。 
 希望の衆院選惨敗を受け、民進党内では前原氏の速やかな辞任を要求する声が強まっていた。民進党の存続をめぐっては、立憲民主党や希望との連携、100億円超とされる資金や地方組織の扱いが焦点となっている。(2017/10/27-16:23)
  


Posted by take at 16:44Comments(0)ニュース