京つう

  日記/くらし/一般  |  日本

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
QRコード
QRCODE

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2012年05月17日

野田さんはそんなに「最低」?


政治評論家・森田実氏のツイッターをまとめてみました。

 

1)「常軌を逸する」(日本の諺)野田首相の度の過ぎた異常を心配する。野田首相のやっていることについて、大多数の国民は「おかしい」「常軌を逸している」と感じている。しかし、この国民感情は首相には伝わっていないようである。

 

2)野田首相は社会保障と税の一体改革だと言いながら、社会保障改革案は示さず、増税だけを提案している。どうみても異常である。深刻なデフレ不況下での増税は、国民生活を崩壊させるきわめて危険な政策だが、これをあくまで強行しようとしている。

 

3)野田首相は国民に負担を求める前に「官の身を切る」と言いながら、身を切ろうとしない。せいぜい爪を切る程度のことしかしていない。野田首相のしていることは、どうみても、辻褄が合わない。

 

4)しかも、野田首相は自民党に協力を申し入れながら、自民党の主張によって参院で問責決議をされた前田国交相と田中防衛相の二人をかばい、辞めさせないと頑張っている。しかも、閣僚人事はすべて適材適所だとの強弁を続けている。

 

5)野田首相は一方でこんな頑強な態度をとりながら、他方で協力を求めるようなことは通るわけがない。野田首相は異常すぎる。野田首相の異常さについて、大多数の国民が気づいている。それでも改めようとはしない。野田首相は異常すぎる。

 

6)これまでも首相になると異常な言動に走る政治家は少なくなかったが、野田首相はそのなかでも最低である。衆院解散による日本政治の出直しが必要だが、それができないようなら野田首相は総辞職し、第三党の公明党の代表を首班とする選挙管理内閣をつくったらよい。

  


Posted by take at 22:04Comments(0)日記&その他