京つう

  日記/くらし/一般  |  日本

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
QRコード
QRCODE

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2011年07月31日

福島の怒りが聞こえるか 

福島の怒りが聞こえるか 

電力会社、政府、経済界、メディア、そして、いわゆる「御用学者」などは福島県民の怒りの声が聞こえているのだろうか。取材で知り合った、飯舘村のカフェ椏久里(あぐり)のオーナーは、1000本ものブルーベリーの挿し木苗を植えていたが、今年の収穫を断念したことをブログで報告している。長年、研究し、朝早くからほぼ1日中作業を続けたこともあった(カフェを経営する一方で)。以下は彼のブログからの引用。

7月1日にカフェは福島市内で再開した。

 

2011年産当園ブルーベリー放射能汚染検査報告が届きました。

サンプルは3園のコリンズ。水洗いせず測定。

134Cs=194Bq/kg

137Cs=212Bq/kg

131I =検出限界以下

放射性セシウム合計 406Bq/kg (by シンチレーションスペクトロメータ at 2011.07.21)

食品衛生法に基づく暫定基準値内の数値ではあった。が、避難地区内にある圃場で実質上人出を確保できず、今年の収穫と果実の利用は断念する。

それにしても、この件に関しておかみから農園管理者たるボクの所へは、いかなるサタの指示、連絡に類するものは無い。本来、自由主義社会の自己責任という見地にたてば至極当然のことではある。ただ、国策で進めてきた原発事故によって生じた被害について、原因者側から何らのアクションも感じられないというのは問題だろう。そのことが、今の牛肉汚染を始めとした社会不安を引き起こしている。

身の丈に合わないことをやった結果である。大きいことをやるには、身の丈を大きくしながらすべきである。木偶の坊ではダメなのだが・・・。

牛同様、ブルーベリーも生物である。しかも、手塩にかけた永年性作物である。この被害に関する怒りと嘆きは大きい。荒れた畑に立って一面を見渡すと、なす術を思いつかず、茫然とするばかりである。

 

(以上、オーナーのブログより)

  


Posted by take at 22:40Comments(0)福島原発