京つう

  日記/くらし/一般  |  日本

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
QRコード
QRCODE

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2010年03月24日

93歳社長、毎朝日経に目を通し、晩はジャズ

93歳社長、毎朝、日経に目を通し、晩はジャズ

 

椿野まさ子社長と彼女の朝来農産物加工所の取材でした。

7時10分に出勤、すかさず、日本経済新聞をすみからすみまで目を通す。晩はジャズを欠かさない。

 

  


Posted by take at 21:17Comments(2)ニュース 

2010年03月24日

TOEIC、1年半で320から745に

以前、英語を少し教えたことがある学生からメールをいただきました。なんと、TOEICで745点を取ったとのこと。その1年半前は320点だったそうです。現在、20歳の彼女が18歳の時、ぼくは中学校レベルの英語を教えていたと記憶しています。しかも、英語の実力をつけるのは時間がかかるかな、とも思っていました。

 

でも、勉強方法を変えると大きく変わるようです。もちろん、彼女の姿勢も素晴らしいものがありました(英語ができない英語の先生方も見習ってもらいたいです)。

 

745点って、そこらへんの英語ができない英語の先生方(しかも、年収600万円も、900万円もふところに入れている、しかも、税金)よりも高い得点ではないでしょうか。

 

まぁ、そんな、英語ができない英語の先生方に彼女も教わっていたと言っていましたから。

 

  
タグ :TOEIC


2010年03月24日

「国際ジャーナリスト」は広告に登場

日本の「国際ジャーナリスト」は広告に登場する

 

広告ばかりの新聞のその一つの広告に登場する「国際ジャーナリスト」蟹瀬誠一・明治大学国際日本学部長。先日の日本経済新聞でお見かけしました。

 

国際ジャーナリストは紛争地や被災地などを取材したり、海外の人々が直面する問題、彼らの暮らしや文化などを伝えるのかな、と思いましたが、日本では広告のなかにまで登場するのですね。さすが、世界第二の経済大国では、ジャーナリストも異なるみたいです。

 

しかも、この方は「国際ジャーナリスト」として講演までなさっている。依頼する方もかなり「寛大」なのでしょう。それとも、ジャーナリズムがなんだか、まったく分かっていないのかな?