京つう

  日記/くらし/一般  |  日本

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
QRコード
QRCODE

2009年05月17日

「セクハラ」とでっちあげられ 同志社大学 浅野教授

同志社大学の浅野教授が勝訴。京都の「有名」大学で何が起きたのか?

日本の大学ってものすごいことが起こってしまう。授業料を年間100万以上取られる人々はどう考えているのだろう。

大学教授が大学の守秘義務を破って、「週刊文春」の記事に協力していたというからほんとうに考えられない。

詳しくは「浅野教授の文春裁判を支援する会」のHPに。

立命館大学の津田氏は、教える資格も学生を教育する資格もないって言われている。津田氏が提唱する「市民メディア」ってなんだ?


津田正夫・立命館大教授(元NHK職員)の嘘・欺瞞性を撃つ

「(立命館大学の)津田教授と(同志社大学の)渡辺教授と文春は「同じ穴の狢(むじな)」と言えそうだ。
 今回の証言で、津田教授にはメディア論・ジャーナリズム論を教える資格も、大学教授として学生を教育する資格も、メディア改革の市民運動を担う資格もないことがはっきりした。  津田教授は文春や渡辺教授と最後まで行動をともにした。〝心中〟するつもりであろうか。」