京つう

  日記/くらし/一般  |  日本

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
QRコード
QRCODE

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2009年02月01日

「日本のアメリカ中毒を治療する」

政治評論家・森田実氏の英語の著書"Curing Japan's America Addiction" (「日本のアメリカ中毒を治療する」)が、私の友人であるブルース・ラトリッジ氏のChin Music Pressから昨年出版。私もちょっとだけ手伝いました。森田氏の英語のブログサイトも開設されています。
森田氏は海外メディアにとてもよくインタビューされます(当時の小泉首相を批判してから日本の大手メディアは森田氏を避けています、とことん最低なジャーナリズムです)。最近もアメリカのビジネス通信社Bloombergの記事に麻生氏に関するコメントが載っていました。Bloomberg社のニュースはもちろん世界中に配信されています。日本語訳は「国民は誰が首相をやっても麻生氏よりはいい仕事をするだろうと感じています」という感じですね。

  


Posted by take at 16:12Comments(0)読書