京つう

  日記/くらし/一般  |  日本

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
QRコード
QRCODE

2009年01月30日

「雇用のミスマッチ」?(2)

 「ジャーナリズム崩壊」の中で上杉隆氏は北海道新聞と朝日新聞の最終面接まで残っていたが不採用となったと語っている。自民党の鳩山氏の秘書をやっていたため、「そこまで色がついているとね」と言われたという。「色」ってなんだろう?新聞社で働いているのなら分かりやすく説明してもらいたい。ありそうかもしれないけど存在しないことにこだわる人が多いですね。
メディアは「雇用のミスマッチ」を報道しているが、まさにその「雇用のミスマッチ」は日本の大手メディアでも起きているのでは。朝日新聞や北海道新聞に不採用とされた上杉氏はベストセラーを出し、その後も活躍し続けている(彼の著書からは朝日、北海道新聞以外にも数社を受けたような印象を受ける)。その一方で、自らニュースをつくってしまう大手メディアの方々が多いこと。先日の下着を盗んだ毎日新聞の次長さん、ラーメン屋で暴れて現行犯逮捕された読売新聞の次長さん、産経新聞によると、NHKの職員さんは高知のコンビニエンスストア内で女性のスカートの中を小型カメラで撮影して、県警から事情聴取を受けているとのこと(カメラ持参で他に取材に行くところないのかよー)。そういえば、読売の記者さんも常磐線の電車の中で高校生にタッチしたっけ。  


Posted by take at 20:39Comments(0)雇用